お金を出しているのは社長ではありません

スタッフの皆さんと食事に行ったときに、
福利厚生の一貫として会社で費用を負担することがあります。

その際には必ず、こう言います。

「ここのお代は私(社長)が持っているのではありません。
(株)フロウシンクという法人が負担しています。
フロウシンクさんに御礼を言ってください」

法人イコール社長ではありません。喩え中小企業といえども。
美味しい食事の費用は、社長の努力だけでなく
スタッフ皆の努力が法人に利益を生み、その利益から出しているわけです。

単に御礼を言っているだけなのに、
毎回釘を刺されるスタッフからしたら
「面倒な人だな」と思われているかもしれません。

人間は弱いです。自分の能力や努力を過大評価し、
偶然や他者の貢献を過小評価する傾向は、誰にでもある。

いろいろ勘違いしてしまわないように、スタッフに礼を言われる度に
「自分は本来礼を言われる対象ではない」と戒めています。
仮にポケットマネーから出したとしても、その金も元をたどれば
法人の粗利益から出ている訳ですしね。

関連記事

  1. 歴史に参加する

  2. 休暇

    6月のお休み予定

  3. パート2名を採用しました。

  4. ウェブサイトをリニューアルしました。

  5. ひとりでゆっくり考える時間

  6. 桜の季節