事務所ビルのライトアップ(すべては繋がっている)

12月初旬頃から、夜間の事務所ビルはブルーのLEDでライトアップされている。

博多駅に比べれば規模は小さいけれど、テナントである当社に取っても、周辺地域の住民に対しても、季節感を感じる良い取り組みだと思う。
意味があるのか?と言われれば、それほど意味はないだろう。費用対効果で考えれば、設備と電気代の分明らかにマイナスだ。
しかし、経営もそうだが「意味のないこと」だからと辞めてしまうと、思ってもみなかった場所で悪影響が顕在化することがある。いろいろなことが、繋がっている。

私の思考のベースにある「システム思考」の考え方によれば、「今日の解決策が明日の問題を生み出す」。
一見意味のない行為は、その組織を維持するために非常に重要なものかもしれない。

物事のつながりを意識する〜システム思考という考え方〜

関連記事

  1. 外で仕事のできる季節に

  2. 中小企業診断士を雇用する準備

  3. 小倉オフィス開設のお知らせ

  4. 古巣の倒産に思う

  5. ブログ毎日更新、1年達成

  6. 4月14日(金)は(株)フロウシンクの定休日です

最近の記事

  1. ディスコミュニケーション
  2. 2020.07.05

    V-RESAS

カテゴリー

読書記録(ブクログ)