先生と呼ばれて、はじめて嬉しいと思った話

中小企業診断士はいわゆる士業なので、
「先生」と呼ばれることがある。

「先生」という呼称にはいつまでたっても慣れない。
背後から先生と呼ばれても自分のこととわからず振り返らない。

正直ちょっとむずがゆい。

先生と呼ばれて、初めて嬉しかった話

先日、とあるクライアントに紹介されて、
ある会合に参加した。
クライアントは通販サイトを運営しており、
数年前からの付き合いだ。
昨年くらいから、長年の努力が実を結び、
ちょっと金額を疑うレベルの
すさまじい売上を上げている。
#私は時折アドバイスをしただけで、
#100%彼自身の努力の成果だ。

クライアントが私を紹介するときに、
「ぼくが先生と呼ぶのは、小学校の恩師と米倉先生だけです」
と発言してくれた。

士業になって10年以上経つけれど、
はじめて、「先生」と呼ばれて嬉しいと思った。

そうやって、仕事を評価されて、
相手が心の底から「先生」と呼んでくれるのであれば、
この呼称もまんざらでもないなと。

関連記事

  1. なぜ yone “que” raなのか〜

  2. ブログ投稿1500記事

  3. 車を使わず、公共交通機関で移動する理由

  4. 引っ越し作業

  5. 1,000記事目の投稿

  6. 法人税はビジネスへの入場料

最近の記事

  1. 2021.03.26

    人に会う
  2. 2021.03.25

    2+2=5

カテゴリー

読書記録(ブクログ)