神社と私

以前ブログにも書いたが、一日一回、どこかの神社に参拝するようにしている。

天命を待てるほどに、人事を尽くす

通勤時に自宅近くの神社にお参りすることが多い。
出張時にはその地元の神社を探して参拝する、ちょっとした楽しみだ。

東京出張時に参拝した靖国神社

東京出張時に参拝した靖国神社

自宅近くの日吉神社で、手水で水分補給していた野良猫と目が合う

自宅近くの日吉神社で、手水で水分補給していた野良猫と目が合う

決して信心深い方ではない。子供時代には地元の寺のお坊さんの説教に対して「それは間違っている、子供だからって嘘を教えるな」と食ってかかる、なんというか嫌なガキだった。(帰省するといまも住職から「お前は本当に生意気なガキだった」と言われる)

神様は信じてないけれど、自分のご先祖、もっと言えば先人達の努力の上に自分が立っていることに感謝し、敬う気持ちは持っている。
過去があって、今がある。そして、未来に繋がる。
自分だけの力ではない。
それを忘れないように。慢心しないように。

清浄な空気の中で、二礼二拍手一礼をしつつ、考える。
「今日も自分はできることを全てやっているだろうか?」

関連記事

  1. 窓から見える桜

  2. 4月14日(金)は(株)フロウシンクの定休日です

  3. パート2名を採用しました。

  4. 車を使わず、公共交通機関で移動する理由

  5. 別れ、さようなら、霊体、天国

    長期的には、我々は皆死んでしまう

  6. スタッフ(パート・アルバイト)追加募集

最近の記事 おすすめ記事
  1. 本棚
  2. 見通し、未来予測、双眼鏡、青空

読書記録(ブクログ)