移動とケータイ電話

私は極力公共交通機関での移動を心掛けています。

運転が疲れるのと、電車やバスであればその時間を仕事や資料の閲覧に
あてることができるからです。

ただ、デメリットもあります。それは携帯電話を取れないこと。
移動中に着信した番号には、乗り換え時間などに折り返しで連絡
するのですが、そのときは先方が忙しく電話を取れない・・・となり、
5往復の末にやっとつながった、ということもありました。
これはかなり非効率です。

移動時間でもSMSやメールならすぐに対応可能です。
ちょっとした内容であれば、それらの手段を使っていただいた方が
結果として早く解決するので、お客様にもそのようなアナウンスをしているのですが、
抽象的な相談になればやはり電話で直接話した方がいい。
会話のやりとりからアイデアが出たり、理解が深まることもしばしばです。
全てがメールに置きかえられるとは思っていません。

いっそ社用車を購入するか・・とも思いましたが、周辺の駐車場はなかなかの価格なので尻込みします。
車移動であれば、(ハンズフリー通話で)電話は取れるが、今度はメールができないことになり、一長一短です。

最近は、レンタカーでの移動の途中で、近くの駐車場に車を停めて、そこでZoom会議をすることも頻繁になってきました。
社会から必要とされているのは大変ありがたいですが、自分の処理能力の限界も感じつつあるのも事実。

バランスのよい落とし所を見つけたいものです。

関連記事

  1. 2020年10月16日は当社休日です

  2. 屋上でランチを

  3. 7月は資料作成に専念させてください

  4. ルールの起源なんて適当なものだろう

  5. ヒゲ脱毛。ルーチンの省略による時間以上の効果

  6. 本日はおやすみです(2020/11/2)

最近の記事

  1. 2021.05.17

    ブログ再開
  2. 2021.03.26

    人に会う
  3. 2021.03.25

    2+2=5

カテゴリー

読書記録(ブクログ)