使わなければ衰える

先日、久しぶりに自転車に乗りちょっとした傾斜を登った。
レンタサイクルでタイヤの小さい奴、サドルも低く、足を伸ばして漕ぐこともできない。
自分の体型に合っていないと言うことを差し引いても、こんなに簡単に疲れるのかと悲しくなった。

昔は自転車で一日200kmくらい走ってもなんともなかったのだが、いやはや、歳はとりたくないものだ。

使わなければ衰える、当たり前だ。
筋肉だけではなく、計算する能力も、会話する能力も、論理的に考える能力も、恋愛する能力だって。
使わないのであればその能力を維持する必要はない。エネルギーの無駄だ。なので、ゆっくりと衰えていく。

仕事では頭を使っている(と思っている)ので、まだまだ大丈夫、いけると思うのだけれど、
気づかないうちに衰えているのかもしれない。どうにかして計測する方法はないものか。

関連記事

  1. 社長の姿勢

  2. 性弱説。その人善なれど、弱し。

  3. 正当化のためなら

  4. 働けるのだが

  5. いつかはそこへ行ける

  6. 改善のプロセス

    大きな幸運ではなく、日々の小さな便利さを

最近の記事

  1. 2024.05.14

    写真修行

読書記録(ブクログ)