ついてない人間、ついてない場所

「ついてない人間や場所には関わるな」

ロスチャイルド家の格言の一つらしい。
昔何かの本でこの名言?を知ってから、自分の格言としても採用している。

成功していない人間というのは、どんなに誠実で賢そうに見えたとしても、何かマイナス要素がある、だから関わるな。そういう意味なようだ。
同じく「ツキのない(ようにしか見えない)」場所というのもある。何ができてもすぐに潰れてしまう交差点とか、集まる人が皆うまくいかない会合とか。

なぜあんなに賢くて誠実で、見た目もいい人が成功しないのかわからない。
なぜその交差点では店が繁盛しないのかわからない。

きっと、何があるのだろう。まだ明らかになっていない欠点や弱点が。
それが何かはわからないけれど、ついてない人間や場所に積極的に関わる必要もない。関わらないのが一番だ。

関連記事

  1. 安定した出力の人

  2. できないのは頑張りが足りないから、だって?

  3. できることをやろう

  4. 罪とバス

  5. 見えないけれど、確かにある

  6. 自分はいいけど、(株)フロウシンクは何て言うだろうか?

最近の記事

  1. 2022.09.15

    継続すること
  2. 2022.09.13

    必要な孤独

カテゴリー

読書記録(ブクログ)