飛行機で晴れた国へ

「悲しみよこんにちは」の作家、サガンの言葉。

お金があれば、雨の日にバスが来るまで列に並ばなくて済みますし、
飛行機に乗って晴れた国に行くことも可能になるわけです。

お金に関するスタンスとしては、このくらいが適正なのではないかと思う。
あまり固執して「金の亡者」になってもいけないし、逆方向に振り切れて「お金は重要じゃない」と開き直るのも良くない。

雨の日に気軽にタクシーに乗れたり、晴れた国とまでは言わないが、思い立ったらどこかへ出かけたり。
欲しい趣味の道具があれば躊躇なく買えたり、読みたい本があればひとまず買ってみたり。

読みたい本が手元にあれば、雨の日だって楽しく過ごせる。

関連記事

  1. 性弱説。その人善なれど、弱し。

  2. 自分はいいけど、(株)フロウシンクは何て言うだろうか?

  3. 未来に向けての努力で、過去の選択を正当化する

  4. どこか遠くへでかけなさい

  5. 偶然を味方につける

  6. 煽り屋の言うことは話半分に。

最近の記事

  1. 2022.09.15

    継続すること
  2. 2022.09.13

    必要な孤独

カテゴリー

読書記録(ブクログ)