笑いの共有

たとえ性格的に合わない部分があったとしても、
ともに笑いを味わえるかどうかが、
人間関係において決定的に大切な、何かなのだ。
ー サガン「逃げ道」

笑いの「ツボ」が合わない人と一緒にいるのは辛い。
こちらは冗談で言ってるのに不機嫌になったり、逆に怒っているのに冷笑されたり。

容姿が好みかどうかよりも、仕事ができるかどうかよりも、
「笑いを共有」できるかどうかが、人生の伴侶なりビジネスパートナーを見つける上では、
非常に重要なのではないか。ついつい忘れられがちだが。

辛いときほど、状況を笑いに変える才能が必要だろう。
もちろん、笑いのない人生など論外だ。

関連記事

  1. 貧すれば鈍する。富んでもまたしかり

  2. どこか遠くへでかけなさい

  3. 「認められたい」承認欲求のメリットとデメリット(2)

  4. 心を操られてるけど、それでいいのかい?

  5. 世界が歪んで見えるとき

  6. なんで働いてるの

最近の記事

  1. 2022.08.17

    二つの時計
  2. 数字、数学、パズル

    2022.08.09

    数を数える
  3. 2022.08.04

    笑いの共有
  4. 2022.08.01

    何をやっても

カテゴリー

読書記録(ブクログ)