2+2=5

こういう小咄?がある。

その会社の社長は、会計事務所数社を回って、その都度「二足す二はいくつ」か聞いてみたらしい。
戻ってくる答えは必ず四だったそうだ。

ところが、最後に訪れた事務所だけは違っていた。
「二足す二はいくつになるかね」との質問に対し、返ってきた答えは、それまでよりずっと彼の期待に沿うものだった。

「いくらにしたらよいでしょうかね?」

もちろん不正会計はよくない。会計上は2+2=4でしかない。

でも、事業計画ならそうではない、2+2を5にだって6にだってできる可能性がある。
シナジーをうむかもしれない、他事業へ展開できるかもしれない。
そこに気づいて、行動を起こせば、未来の計算結果を変えることができる。

もし私が同じことを聞かれたら、どう答えるか考えた。
「いくらにできるか、詳しく話を聞かせてください」だろうか。
それとも、「5、ですかね。ジョージ・オーウェルなら。それともレディオヘッドの曲?」と煙に巻くだろうか。

関連記事

  1. 人生はずっとベータ版

  2. 「偶然」と「時間」という暴君

  3. 現実に伏線はない

  4. 遊ぶように働く

  5. 2016年の桜

  6. 触れる時間が長いものにはお金をかける

最近の記事

  1. レール、分かれ道
  2. ディスコミュニケーション
  3. 2021.09.16

    暇がない方が
  4. 2021.09.08

    15分ルール

カテゴリー

読書記録(ブクログ)