幸せは「選択の自由」から

自分で選択できる範囲が多いほど、幸福感は増す。

「選択の自由」が幸福感に 神戸大2万人調査  :日本経済新聞

神戸大の調査によれば、「自己決定は健康や人間関係に次いで幸福感に影響を与えている」そうだ。
まずは心身の健康と安定した人間関係。その次に来るのが「自己決定」、つまり選択の自由、自分で自分の行動を選べることだと。

「所得」より「自己決定」

自己決定は、「所得と比較すると、約1.4倍強い影響があった」。つまり、所得も幸福感に影響してはいるが、それよりもむしろ選択の自由が重要だということだ。給料が高いけれど言われた通りのことしかやれず、いちいち上司への確認が必要な仕事と、給料は(相対的に)低いけれど、仕事のやり方を自分で選べるそれとを創造してみれば、なんとなく合点がいくのではないだろうか。

ちなみに、「学歴は統計的に有意な結果が出なかった」とのこと。

この調査をどう活かすか

会社経営をしている身としては、給料を上げるのはもちろんだが、「仕事のやり方を各人が選べる」ような業務の仕組みを構築することを検討せねばなるまい。
もちろん、「自己決定」よりも幸福感に影響を与える「健康」と「人間関係」にはより配慮しつつ。

幸福感が落ち込む世代

気になるのは「35~49歳では、他の年齢層に比べて幸福感が落ち込む傾向にあった」という調査結果だ。
これは、以前読んだ「ハピネス・カーブ 人生は50代で必ず好転する」という書籍にも同様の記載があった。

私はこの年齢層であり、自分でも知らないうちに、幸福感が落ち込んでいるのかもしれない。50歳以降は幸福感が勝手に上がっていくのであれば、嬉しいのだが。

関連記事

  1. 願望は誰でも言える

  2. 誰かの正義は誰かの悪

  3. 知らないということを知っているか

  4. 所詮はゲームなのだから

  5. コーヒーは知的飲みものである

  6. 誰とでも丁寧語で話す理由

最近の記事

  1. ディスコミュニケーション
  2. 2020.07.05

    V-RESAS

カテゴリー

読書記録(ブクログ)