アメリカ旅行(3)〜ルート66

フーバーダムを出て、車でルート66を通りグランドキャニオンに向かいます。

国道66号線(こくどう66ごうせん、U.S. Route 66)は、
アメリカ合衆国中東部のイリノイ州シカゴと、
西部のカリフォルニア州サンタモニカを結んでいた、
全長3,755km(2,347マイル)の旧国道。
1926年指定。州間高速道路の発達によりその役目を終え、1985年に廃線となった。

ルート66(Route 66)とも呼ばれ、
大陸を横断するこの道はアメリカ西部の発展を促進した重要な国道であり、
映画や小説、音楽などの中に多く登場し、
今なおアメリカのポップ・カルチャーの題材にされている。

スタインベックの「怒りの葡萄」では、マザーロードと呼ばれたこの道は、
直線道と砂漠が続く殺風景なところでした。
ときおり、往時のアメリカを偲ばせるような売店やガソリンスタンドが現れます。

ルート66から高速道路に戻ります。
途中からは道路沿いに雪が積もり始めました。
おそらく二度とこないであろう、高速道路を降りてすぐにある
売店でホットドッグを食べた後、いざグランドキャニオンへ。

関連記事

  1. ひとり合宿その8〜プラハ

  2. アメリカ旅行(1)〜ラスベガス

  3. ひとり合宿その13(八重山諸島):写真編

  4. ひとり合宿その11(延岡、高千穂)

  5. ひとり合宿その12(天草)

  6. ひとり合宿その7〜くじゅう二年目〜

最近の記事

  1. ピザ
  2. ディスコミュニケーション
  3. 旅行、出張
  4. バックアップ、プランB

カテゴリー

読書記録(ブクログ)