AirPods Proと競合の比較

騒音に我慢できない

ノイズキャンセリング機能付きのヘッドフォンを愛用している。
性能や味付け(どこまでの周波数を打ち消すか、音質など)は様々で、
これまでいろいろなメーカー・機種を試してきた。

現在手元にあるのは以下の通り。左から:

  • BOSE NOISE CANCELLING HEADPHONES 700
  • BOSE QuietControl 30
  • SONY WF-1000XM3
  • Apple Airpods pro

性能ならBOSE 700

ノイズキャンセリング性能、音質ともにこの中ではBOSE 700が最強。
大きいので内部構造に余裕があるのと耳を覆うタイプというので、当たり前といえばそうだろう。

ただデカい。普段使いにはちょっと辛い。室内での利用が主で、
たまに海外旅行に行くときなどに(飛行機内で快適に過ごすために)使うくらいだ。

味付けが違う

メーカー毎に個性が出るもので、ノイズキャンセル効果が
一番「効いてる」感が実感できるのがBOSE。
次がAppleで、SONYが一番効きが弱いように思う。
#もっともこれは個人の感覚に依拠するのだろう。
#知人に試してもらったら、SONYが一番と言っていた。

音質に関しても私の好みはBOSEで、次がApple、次点がSONYというところ。
ハイレゾ音源は使ったことがない。ハイレゾならSONYの評価が高くなるのかもしれない。

結局Appleを常用

結局いつも使っているのはAppleのAirpods Proだ。
適度なノイズキャンセル効果と、Apple製品との連携の良さ、左右別体型の使いやすさ、
あと音声通話の性能の良さもポイントだ(BOSEやSONYは正直この分野が弱いように思う)。

BOSEのQC30もいいけれど、ネックバンドが不快(夏は汗が、冬はマフラーに干渉する)なのが利用を躊躇わせる。
ノイズキャンセルの傾向はBOSEが一番好きなので、Airpodsのような左右別体型がBOSEから発売され、
音声通話機能が改善されれば乗り換えるかもしれない。

関連記事

  1. 商品の機能を見直す(消せるマッキー)

  2. 持ち運びマシンを変更

  3. ダイソンLED タスクライト「CSYS」

  4. 電子ペーパーの視認性を選ぶ〜ポメラDM30

  5. 未来への扉、どこでもドア

    アップルウォッチで改札を通過

  6. 頭の中のものを外に出す

    Apple Watch Series 4。もはや他の時計は要らない

最近の記事

  1. 2020.05.30

    トリアージ
  2. 2020.05.22

    iPod Touch

カテゴリー

読書記録(ブクログ)