商品の機能を見直す(消せるマッキー)

「水ふきで消せるマッキー」を購入。

IMG_4996

ZEBRA | ゼブラ株式会社 | 水拭きで消せるマッキー

◯仕組み
通常のマーカーのインクには、書いた対象物に色材を固定するために樹脂製の固着材が含まれていますが、この商品のインクには水糊が入っています。この商品で書くと、水糊で色材が対象物に固着しますが、水で拭くとすぐに糊が溶けて色材がはがれるようになっています。(特許出願中)

なるほど、水糊を使っているのか!

少し前に流行った「フリクション(消せるボールペン)」とはまた違う技術のようです。フリクションは便利なのですが色付きが悪く、色味と書き味を重視して結局ラミーの万年筆に戻ってしまいました。
消せるマッキーは色のりも良く、ホワイトボードや硝子、PCのアルミ筐体などいろいろな所に気軽に書けます。

マジックとは一旦書くと消えないもの、そういう「機能」。
そんな常識を覆す商品。「消せる」という新たな機能の付加。こういうの大好きです。

何に使うか?それは今から考えます(笑)

関連記事

  1. ビジネス、歯車、モデル

    AppleWatchで空港改札通過。ワンアクション少ないという利便性

  2. コンセント付きモバイルバッテリー

  3. 多数の筆

    筆箱がスタンドに変形する「クリッツ」、小型タイプ

  4. Magic Keyboardに合うテンキー

  5. Magsafeの復活。Snapnator

  6. オーディオ機器を統一(BOSE WAVE SOUNDTOUCH MUS…

最近の記事

  1. 2019.08.15

    10年前の今日
  2. パズルを組み合わせる

読書記録(ブクログ)