中央会全国大会の報告から読み取る「ものづくり補助金」の今後

遠くを見る

ものづくり補助金の事務局をになっている「中小企業団体中央会」。
先日この団体の全国大会が開催され、会報にその開催報告が記載されておりました。

福岡県中小企業団体中央会|中央会の機関紙「NEWSふくおか」

記事のPDFはこちら

まずは3ページ目の「宣言」から、一部抜粋します。

我々は、 次のスローガンのもと、 国等に対して、 本大会の各決議事項の早期実現を強く求めるものである。
一、 生産性向上・ものづくり対策の強化
(以下略)

ものづくり補助金等を含めた、生産性向上・ものづくり対策の強化を国に強く求めるとあります。

具体的な内容は10ページにありました。

1.中小企業・小規模事業者のものづくりや革新的技術導入の支援強化
(1)ものづくり補助金を継続すること。また、申請書類の簡素化補助金額及び補助率の引上げ等、制度設計の見直しを行うこと。

ものづくり補助金の継続、申請書類の簡素など、中小企業にとってありがたいことを国に要望していただけるようですが、
何よりも、「補助金額及び補助率の引き上げ」には大きく期待してしまいます。

現在の上限額1千万円(選択肢により増減します)では、1億円規模の大規模な設備投資を行う中小企業には魅力的に写りません。
たとえばファイバーレーザー加工機や、大型の梱包機だとすぐにそれくらいの価格になってしまう。

過去に、発売後10年以内の設備や、AI,IoT,ロボット関連の設備であれば上限額が3千万になっていた時代がありました。
あの制度の復活を期待したいものです。

関連記事

  1. ものづくり補助金追加情報(2)〜事前予告発表。公募開始は2月上旬

  2. 中小企業関係予算の日米比較

  3. 事業再構築補助金6次、枠ごとの比較一覧

  4. 2020年ものづくり補助金高度連携解説(1)(上限額3,000万にアッ…

  5. ついに公募開始、H28補正(2017)ものづくり補助金。(1)スケジュ…

  6. 補助金を担保とした融資を可能にする制度

最近の記事

  1. 2022.11.30

    思えば遠くに
  2. 2022.11.29

    暗黙の信頼
  3. 2022.11.22

    今期が終わる

カテゴリー

読書記録(ブクログ)