2021年補助金概要 (3)サプライチェーン補助金

最後にサプライチェーン補助金を紹介します。
これは今年(2020年)から新たに設定された補助金で、最大150億円の補助金額と、大企業でも利用可能なところが注目を集めました。

予算

まずは予算です、2108億円。
前年は2200億円+860億円(後に増額)=3060億円だったので、約3割ほど少なくなっています。
2020年は補正予算の予備費を使って予算追加を行いました。2021年も同じようなことができるかは不明です。

事業目的・概要

事業目的・概要です。これを見る限り昨年と大差ないように思います。
一点だけ気になるのは、「生産拠点」という言葉は出てくるのに、「物流倉庫」という単語が見当たらないことです。
昨年は生産拠点だけでなく物流倉庫も対象となりました。そのため、医薬品等の物流倉庫建設にこの補助金を利用した企業もあります。
来年は物流倉庫は対象になるのでしょうか?「生産拠点「等」」とあります。「等」に、物流倉庫が含まれているのか否か。現時点では不明です。

補助金額、補助率

補助金額については昨年と変わりないようです。上限額については明記されていません。
昨年と同じなら150億円ですが、個人的にはもっと上限を低くし、よりたくさんの中小企業に採択を出して欲しいと思います。

事業イメージ

こちらも昨年と同様のイメージです。
やはり物流倉庫について言及がありません。これは詳細発表を待つしかないと思います。

サプライチェーン補助金の特徴は建物の建設費用も対象になることです。
そのため事業期間も数年と他の補助金よりも長い。
来年度以降の工場建設を検討されている方は、今後の動向を追っておいた方がいいでしょう。

関連記事

  1. ものづくり補助金1次採択、民間コンサル部門で全国15位以内の実績

  2. 【東京都限定】革新的事業展開設備投資支援事業

  3. データを押さえる(H27補正ものづくり補助金の統計情報【福岡県のみ】)…

  4. H28年 創業補助金の事務局は、昨年と同様(株)電通が受託

  5. チェックリスト

    事務局公募から読み解く、2020年ものづくり補助金(3)

  6. ルールが落ち着くまでは

最近の記事

  1. 2021.01.18

    永遠に準備中
  2. 2021.01.08

    管理すべきは
  3. 新年、鶴、富士山

カテゴリー

読書記録(ブクログ)