2021年補助金概要 (3)サプライチェーン補助金

最後にサプライチェーン補助金を紹介します。
これは今年(2020年)から新たに設定された補助金で、最大150億円の補助金額と、大企業でも利用可能なところが注目を集めました。

予算

まずは予算です、2108億円。
前年は2200億円+860億円(後に増額)=3060億円だったので、約3割ほど少なくなっています。
2020年は補正予算の予備費を使って予算追加を行いました。2021年も同じようなことができるかは不明です。

事業目的・概要

事業目的・概要です。これを見る限り昨年と大差ないように思います。
一点だけ気になるのは、「生産拠点」という言葉は出てくるのに、「物流倉庫」という単語が見当たらないことです。
昨年は生産拠点だけでなく物流倉庫も対象となりました。そのため、医薬品等の物流倉庫建設にこの補助金を利用した企業もあります。
来年は物流倉庫は対象になるのでしょうか?「生産拠点「等」」とあります。「等」に、物流倉庫が含まれているのか否か。現時点では不明です。

補助金額、補助率

補助金額については昨年と変わりないようです。上限額については明記されていません。
昨年と同じなら150億円ですが、個人的にはもっと上限を低くし、よりたくさんの中小企業に採択を出して欲しいと思います。

事業イメージ

こちらも昨年と同様のイメージです。
やはり物流倉庫について言及がありません。これは詳細発表を待つしかないと思います。

サプライチェーン補助金の特徴は建物の建設費用も対象になることです。
そのため事業期間も数年と他の補助金よりも長い。
来年度以降の工場建設を検討されている方は、今後の動向を追っておいた方がいいでしょう。

関連記事

  1. 2019ものづくり補助金、公募開始はいつ?昨年のスケジュールから予想す…

  2. 事業再構築補助金にも「特別枠」が設定されます。ただし上限設定あり

  3. 令和2年のものづくり補助金は?概算要求から読み解く

  4. 66パーセントディスカウント

    設備の老朽化、IT投資の不足・・補助金を活用しよう

  5. H28年創業補助金は「超」のつく狭き門に

  6. 経営力向上計画取得による減税制度、2年延長。

最近の記事

  1. 2021.03.26

    人に会う
  2. 2021.03.25

    2+2=5

カテゴリー

読書記録(ブクログ)