2019もの補助二次募集(H30補正予算)解説〜(2)事業の目的

2019年8月19日に公募が始まった「ものづくり補助金※」の公募要領(手引き)を解説します。
※正式名称は「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」です。

事業の目的(7P)

どんな補助金にも目的があります。国は、補助金を与えることで対象となる企業なり個人に「国がしたいと思っている行動」を取って欲しいわけです。
ものづくり補助金の事業の目的は以下の通りです。

足腰の強い経済を構築するため、日本経済の屋台骨である中小企業・小規模事業者等が取り組む生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等の一部を支援します。

この文言は、一次募集の際と一切変更ありません。

文章を分解すると

中小企業・小規模事業者が対象です。
生産性向上に資する取り組み、具体的には、「サービス開発」「試作品開発」「生産プロセスの改善」に関連する設備投資の支援です。
「革新的な」という文言が示す通り、他者と違う、なにがしか新しい事を行うのが望ましいです(必須ではありません。後述)

革新的の定義は?

ただし、ここでいう「革新的」というのは、世界で初めて、日本初といったようなレベルのものではありません。
当社のこれまでの支援経験でも、革新性はそれほど高くなくても採択されたケースもあります。反対に、あまりに革新的すぎて(おそらく)審査員の理解がついてこず、不採択になったケースもあります。その案件は、翌年に申請書を修正、「敢えて」革新性の表現を抑えることで、無事採択されました。

まったく革新性のない、単なる設備投資でも採択されたことも多々あります。
審査員はかなりの数いらっしゃるという噂ですし、人間がやることですのでバラツキは仕方がないのでしょう。
何が革新的か、という解釈は審査員によって大きくブレると思われます。

ただ、革新性をアピールできた方が採択の可能性が高いのは事実です。
設備投資によって何か新しいことはできないか、新設備が備える機能のうち、目新しいものはないか、そういった観点からメーカーや代理店、経営コンサルタント等と議論してみましょう。

(つづく)

関連記事

  1. よくわかる持続化補助金(2)〜何に使えるの?

  2. 2019ものづくり補助金 詳細解説(1)〜超短期の1次締切

  3. 中小企業庁「現在公募中の支援事業・補助金等」一覧サイト

  4. 補助金の季節に向けて(7)〜申請書は、事業計画の亜種である

  5. 平成29年度佐賀県ものづくり企業活性化支援事業費補助金

  6. ものづくり補助金:高度連携促進事業の事務局募集開始

最近の記事

  1. ピザ
  2. ディスコミュニケーション
  3. 旅行、出張
  4. バックアップ、プランB

カテゴリー

読書記録(ブクログ)