2019もの補助 結果分析(6)〜 事業計画名によく出てくるキーワード

ものづくり補助金は、採択企業の企業名ともに「事業計画名」という30文字程度の「補助金を使って実行しようとしている事業内容の要約」が公開されます。
2019年(H30年補正2次)のものづくり補助金1次採択結果の事業計画名を、KH Coderというテキストマイニングソフトで分析してみました。

KH Coder: 計量テキスト分析・テキストマイニングのためのフリーソフトウェア

テキストマイニングとは、文章データを単語や文節で区切り、それらの出現の頻度、傾向などを解析し有用な情報を取り出す方法です。詳細はwikipediaを参照ください。

テキストマイニング – Wikipedia

事業計画名にはどんな単語(連語)が出がちなのでしょうか?

順位 単語(連語) 出現回数
1 生産性向上 961
2 生産性 357
3 高度化 236
4 自動化 153
5 効率化 137
6 生産体制 126
7 生産プロセス 119
8 内製化 116
9 品質向上 111
10 競争力強化 105
11 高精度化 92
12 生産性向上計画 91
13 高品質 88
14 受注拡大 82
15 短納期化 82
16 高精度 79
17 販路拡大 71
18 試作開発 67
19 生産性向上事業 66
20 革新的 63

「生産性向上」が、二位以下を大きく引き離して最もよく出てくるキーワードとなっています。
上位を見ると、「革新的サービス」ではなく「ものづくり技術」累計で使われたとおぼしきキーワードが多いですね。

過去のデータで、ものづくり技術での採択が8割、革新的サービスが2割という結果であったため、ものづくり技術累計のキーワードが多く出るのは納得です。

これらのキーワードを使えば受かる、というわけではないでしょう。
また、他の申請書から目立たせるために「敢えて」これらのキーワードを使わない、という選択肢もあり得ます。

難しいところですね。

関連記事

  1. 補助金の季節に向けて(4)〜補助金は「後払い」、立替金が必要

  2. 見通し、未来予測、双眼鏡、青空

    2018(H29年補正)ものづくり補助金の採択発表日は?

  3. よくわかる持続化補助金(9)〜提出には商工会・商工会議所の協力が必要

  4. 中小企業庁「現在公募中の支援事業・補助金等」一覧サイト

  5. 2018(H29補正)ものづくり補助金、二次募集の規模は?

  6. 小規模補助金 採択結果発表!関与先の採択率は88.8%でした。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 講演、セミナー
  2. 休暇
  3. 2019.07.15

    まずは寝よう

読書記録(ブクログ)