ニーズはあるようだ。で、それにいくら払ってもらえるの?

お金を稼ぐ

インターネットのQ&Aサイトをざっと眺めると、どんなところに顧客ニーズがあるかがわかる。いろいろな人が困っているようだ。ならば、ビジネスになるのではないか?

ニーズはあっても、お金を払うとは限らない

この考えは早計だ。なぜなら、顧客の強いニーズがあったとしても、顧客がそれにお金を払ってくれるかどうは別問題だからだ。

顧客が本当に自分のニーズに気づいているのかどうかもわからない。ほとんどの顧客は、現在の自分が置かれた枠の中でしか考えることができない。
(馬車の時代に自動車が欲しいと言う人はいない。せいぜい「もっと速い馬車が欲しい」とニーズを表明するくらいだ)

個人的には、Q&Aサイトで質問をしている人達は「お金を払いたくない」から無料のサイトで質問しているのであって、そこからビジネスは生まれないように思う。

ネットを徘徊するよりも手間はかかるけれど、「お金を払ってでも問題を解決したい」と考えている人を探し、彼から話しを聞く方がよっぽど有益だ。

関連記事

  1. 福岡県中央会の会報、新年号に祝賀広告を出稿しました

  2. その商品・サービスを買うか?判断を簡素化するために

  3. ストーリーボードを作ろう

  4. 旅行、出張

    ありあまるところから、足りないところへ(門司港レトロ 旧門司税関)

  5. かたつむり

    古いPCを使い続けることの見えないデメリット

  6. 無料で専門家の支援を受ける方法(ミラサポ登録方法の説明)

最近の記事 おすすめ記事
  1. 講演、セミナー
  2. 休暇
  3. 2019.07.15

    まずは寝よう

読書記録(ブクログ)