ニーズはあるようだ。で、それにいくら払ってもらえるの?

お金を稼ぐ

インターネットのQ&Aサイトをざっと眺めると、どんなところに顧客ニーズがあるかがわかる。いろいろな人が困っているようだ。ならば、ビジネスになるのではないか?

ニーズはあっても、お金を払うとは限らない

この考えは早計だ。なぜなら、顧客の強いニーズがあったとしても、顧客がそれにお金を払ってくれるかどうは別問題だからだ。

顧客が本当に自分のニーズに気づいているのかどうかもわからない。ほとんどの顧客は、現在の自分が置かれた枠の中でしか考えることができない。
(馬車の時代に自動車が欲しいと言う人はいない。せいぜい「もっと速い馬車が欲しい」とニーズを表明するくらいだ)

個人的には、Q&Aサイトで質問をしている人達は「お金を払いたくない」から無料のサイトで質問しているのであって、そこからビジネスは生まれないように思う。

ネットを徘徊するよりも手間はかかるけれど、「お金を払ってでも問題を解決したい」と考えている人を探し、彼から話しを聞く方がよっぽど有益だ。

関連記事

  1. 誰を説得しているのか?

  2. 九州経済調査協会・ビズコリ・調査月報

  3. 多忙なビジネスマン

    「ながら」と「あわせ」

  4. ルールを知る

    中小企業の定義とは

  5. iOS「マップ」アプリでも会社名で検索させたい!

  6. 11/9 しんきん合同商談会で経営相談を行います。

最近の記事 おすすめ記事

読書記録(ブクログ)