完璧な解決策があるように見えるなら、そもそもの「問い」を疑うべき

「答えが完璧に見えるときは、問いそのものが間違っている可能性がある」

引用元を忘れてしまった。

世の中には完璧なものはそうない。ましてや企業経営において。
あなたが見いだした答えが完璧に見えるとしたら、それはそもそもの「問い」が間違っている可能性がある。

「すばらしいサービスを思いついた!誰も市場にいない、ブルーオーシャンだ!」
それは本当だろうか?たいていのアイデア(問いに対する答え)は「既に誰かが考えたけれど、実現不可能か、あるいは実現しても儲からないから破棄された」ものである。

アイデアを検証する過程が重要なのであり、そのためのある程度確立された一連の作業がある。
この作業はそれほど楽しいものではない、(一時は)完璧に見えたアイデアに突っ込みを入れていく作業だから。
緻密な検証作業が苦手なのであれば、従業員にやらせたり、外部のコンサルタントに外注しても構わない。

しかし、検証せずに実行するのは辞めたほうがいい。
それは経営ではない。単なる思いつきで行動しているだけだ。
偶然上手くいくことはあるだろうが、継続させることは困難だろう。

関連記事

  1. 2018ものづくり補助金二次公募 解説その5〜 事業類型(2)一般型

  2. 旅行、出張

    東京出張

  3. 統計の読み方(1)_入力編

  4. ドミノ

    完璧な提案に見えても、そこには必ず反作用がある

  5. アイデアがまとまる

    部下に考えさせるなら、上司は答えを用意していなければならない

  6. 1+1=2ではない?「社会的手抜き」の発生【解決編】

最近の記事

  1. 2020.05.22

    iPod Touch

カテゴリー

読書記録(ブクログ)