「上から目線」を忘れずに(メタPDCA)

「上から目線」というとネガティブなイメージですね。「上からの目線」と言った方が正しいかもしれません。

PDCAサイクルという言葉があります。Plan(計画)して、Do(実行)、その結果をCheck(検証)して、Action(改善)を行う・・という意味で、あらゆる業務に活用できる概念です。

ただし、忘れてはいけないのは「このPDCAサイクルは正しいのか?」という一段上からの視点。

スクリーンショット 2016-08-31 12.57.12

PDCAサイクルの中にあるC(検証)は、あくまでP(計画)やD(実行)に関する検証であって、「そもそもこのプロジェクトってやる意義あるの?」や「他にいいやり方があるんじゃないの?」という問いはこのC(検証)からは生まれません。PDCAサイクルで実現できるのはD(実行)を以下に効果的・効率的にできるかということのみです。

意味の無いことや筋の悪い方法を効果的・効率的に実行したところで、出てくる成果は思わしくないでしょう。
常にメタレベル(一段上)の視点を持つことでそういった不毛な努力を(完全にではないにせよ)避けることができます。

関連記事

  1. 叩き台があれば

  2. 当てはまらないケースを意識する

  3. 釘を抜く

    ツールを使うことを目的にしてはいけない

  4. 戦略

    市場選びより、適切な戦略とその実行を

  5. 「情報発信が大事です」「じゃあ、あなたはどうなの」

  6. 起業前に読む。中小機構提供の「業種別スタートアップガイド」

最近の記事

  1. 2019.11.13

    緑の効果
  2. 2019.11.12

    冬に向けて
  3. 2019.11.11

    攻撃への対応
  4. お金を稼ぐ
  5. 好成績

カテゴリー

読書記録(ブクログ)