「上から目線」を忘れずに(メタPDCA)

「上から目線」というとネガティブなイメージですね。「上からの目線」と言った方が正しいかもしれません。

PDCAサイクルという言葉があります。Plan(計画)して、Do(実行)、その結果をCheck(検証)して、Action(改善)を行う・・という意味で、あらゆる業務に活用できる概念です。

ただし、忘れてはいけないのは「このPDCAサイクルは正しいのか?」という一段上からの視点。

スクリーンショット 2016-08-31 12.57.12

PDCAサイクルの中にあるC(検証)は、あくまでP(計画)やD(実行)に関する検証であって、「そもそもこのプロジェクトってやる意義あるの?」や「他にいいやり方があるんじゃないの?」という問いはこのC(検証)からは生まれません。PDCAサイクルで実現できるのはD(実行)を以下に効果的・効率的にできるかということのみです。

意味の無いことや筋の悪い方法を効果的・効率的に実行したところで、出てくる成果は思わしくないでしょう。
常にメタレベル(一段上)の視点を持つことでそういった不毛な努力を(完全にではないにせよ)避けることができます。

関連記事

  1. 「人を雇っているから、経営者の気持ちがわかる」と言われて

  2. テレビ出演(TNCフレッシュふくおか県 動画あり)

  3. 結果を出せなかった当社に再度仕事を任せてもらえた話

  4. じっくり話合う

    営業活動は顧客との「第ゼロ回」の打合せ

  5. 見渡せる、隠れられる、いつでも逃げられる

  6. 数字、数学、パズル

    大人でも役に立つ「なるほど統計学園」

最近の記事 おすすめ記事
  1. 講演、セミナー
  2. 休暇
  3. 2019.07.15

    まずは寝よう

読書記録(ブクログ)