みんな忘れてしまう

10月1日に事務所近くの中洲川端商店街で「川端夜祭」が開催された。
7月には山笠も開催された。放生会も行われた。
10月はオクトーバーフェストもやるし、博多旧市街ライトアップウォークも開催されるようだ。

2年以上、止まっていた時が動き出している。
マスク姿への違和感は拭えないが、いずれ皆しれっと外すことになるのだろう。

色々な間違いがあったと思う。現在進行形で間違い続けている気がする。
人はこうやって簡単に人を差別するのだな、戦争や虐殺も遠い話ではないなと絶望した二年半だった。
せめて自分が影響を及ぼせる範囲だけは、狂気の発出を抑えようと努力してきた。
世界の変化に困惑しながらも、やれるだけのことはやってきたと思いたい。
いや、もしかしたら世界は少しも変化していなくて、前からこうだったのかもしれない。
ただそれを明確にするイベントがこれまでなかったってだけで。

でもみんな、お祭りに浮かれて、忘れてしまうのだろう。
正しかったことも間違いも全てごっちゃにして、水に流してしまうのだろう。
咳やマスク、体温で、居住地で、ワクチン接種の有無で、いとも簡単に他人を排除したことも。
「あの時は仕方がなかった」「状況が変わった」「偉い人がそういってたから」と、自分は悪くないと言い訳しながら、もしくは、それすら思わずに。

関連記事

  1. 「こういう話を聞いた。あなたの言っていることと違う」と言われたら

  2. 売り込めばいいじゃないか

  3. 聞けば分かること

  4. お金を積み上げる

    利益と、それにかける時間のバランスは適切か

  5. 釘を抜く

    ツールを使うことを目的にしてはいけない

  6. 複数のアイデア、結合、ひらめき、多様性

    パクリ、オマージュ、パロディ、リスペクト、インスパイアの違い

最近の記事

  1. 2022.12.07

    世情に疎い
  2. 2022.12.05

    旦那のように
  3. 2022.12.02

    散歩
  4. 2022.11.30

    思えば遠くに
  5. 2022.11.29

    暗黙の信頼

カテゴリー

読書記録(ブクログ)