極力シンプルに表現する

ビジネスにおいては、文章の上手い下手はあまり関係ない。

うっとりするような美文を書く必要はない。
やたら修飾が多くて何が言っているのはわからない資料を作るくらいなら、シンプルな資料の方が喜ばれる。
ただし、シンプルすぎると伝えるべき情報が伝わらない。

図表についても同じだ。たくさんの図表を付ければそれらしくは見える。
しかし、このグラフは何がいいたいのか、この表は果たしてこの資料をつける必要があったのか、むしろ読み手を混乱させるだけではないのかと疑問に思うようなものもよく見かける。

読み手の理解力や現段階での知識を想定して、何をどこまで、どんな順番で知らせるべきか。
また、(これが大事で、かつ忘れられがちなのだが)何を知らせないかをしっかりと考える。

まずはこれら情報を整理した上で資料作成に取りかかろう。
そうすれば、あなたの資料はいまの何倍もわかりやすくなるはずだ。

関連記事

  1. 万能、マルチタスク

    中小企業の社長はC*O

  2. 嫉妬、嫉み、羨望、比較

    仕事は選べないが、仕事のやり方は選べる

  3. 資料には写真や絵を入れよう(画像優位性効果)

  4. よりよい会議のためのテクニック

  5. 見渡せる、隠れられる、いつでも逃げられる

  6. 意味的価値と機能的価値、問題定義と問題解決(SEDAモデル)

最近の記事

  1. ディスコミュニケーション
  2. 2020.07.05

    V-RESAS

カテゴリー

読書記録(ブクログ)