環境が変われば

「個人の能力」を単体で測ることはできないのではないかと思っている。
それが価値あるものかそうでないかは、置かれた環境に大きく左右されるからだ。

ある会社でエース級だった人が、その実績を提げて意気揚々と転職したものの、転職先では無能の烙印を押されることがある。
逆に、どうにも使えないやつとして追われるように会社を辞めた人が、転職先では大活躍することも。

社風、上司や顧客との相性、時代のタイミング・・・それが個人の能力とうまく適合したとき、その人は「有能」と言われる。
たまたま適合しなければ、「無能」だと罵られることになる。

「攻略法」はおそらく存在しない。
運次第という面が多い。人生というのはままならない。

関連記事

  1. 社内会議は最小限に

  2. 100年前に仕事をしていたら

  3. 顧客の「顧客」を意識する

  4. 騒音に我慢できない

    社長はコンサルの自慢話を聞きたいわけではない

  5. 期待に応えられるように

  6. それは事実ですか?それとも意見ですか?

最近の記事

  1. 2024.07.16

    今はもうない
  2. 2024.07.05

    二拠点生活

読書記録(ブクログ)