環境が変われば

「個人の能力」を単体で測ることはできないのではないかと思っている。
それが価値あるものかそうでないかは、置かれた環境に大きく左右されるからだ。

ある会社でエース級だった人が、その実績を提げて意気揚々と転職したものの、転職先では無能の烙印を押されることがある。
逆に、どうにも使えないやつとして追われるように会社を辞めた人が、転職先では大活躍することも。

社風、上司や顧客との相性、時代のタイミング・・・それが個人の能力とうまく適合したとき、その人は「有能」と言われる。
たまたま適合しなければ、「無能」だと罵られることになる。

「攻略法」はおそらく存在しない。
運次第という面が多い。人生というのはままならない。

関連記事

  1. 「本日休業」看板の機会損失

  2. どこでもマルチモニタ

  3. 検索

    効果のある単語の組みあわせを探す(kouho.jp)

  4. いつもと同じ桜

  5. 事業継続計画ではなく、事業計画の「継続」部分と考える

  6. 救命浮き輪

    恩返しと、その終わりの話

最近の記事

  1. 2023.03.31

    科学VS風評
  2. 2023.03.28

    2015年末の決定

カテゴリー

読書記録(ブクログ)