コピーを書くのに苦労するなら

何の本だったか忘れてしまったが、こんな言葉があった。

「コピーを書くのにそれほど苦労するなら、問題は商品の方にある」

自社が扱っている商品なりサービスなりのコピーを書けるだろうか?

もし書けないとしたら、それは差別化ができていないか、
差別化はできているのにそれに気づいていないかのどちらかだ。

コピーを考えるのは一旦止めて、商品・サービスの見直しを図った方がいいだろう。

関連記事

  1. 情報発信の際に気をつけたい3つのこと(コンテンツ、コンテキスト、メディ…

  2. 他社の失敗から学ぶ〜ベンチャー企業の経営危機データベース

  3. 時給で計算する勿れ

  4. デジタルで伝える

    誰の意見を聞くべきなのか

  5. 事務所を移転しました。

  6. 業務フロー

    その価格に理由はあるか

最近の記事

  1. 2023.03.31

    科学VS風評
  2. 2023.03.28

    2015年末の決定

カテゴリー

読書記録(ブクログ)