ビジネスは戦争ではなく、外交である

「戦略」「戦術」「ターゲット」・・ビジネスの話をすると、戦争用語が頻出する。
類似点が多く、使いやすいのだろう。

しかし、戦争とビジネスでは決定的な違いがひとつある。
戦争はいつか終わる。しかし、ビジネスが終わることはない。

仮に競合他社との競争に勝ったとしても、新興国(新企業)が続々と参戦してくる。
講和条約も結べない(談合になってしまう)し、競合を破産させるまで追い込むことも通常は困難だろう。

日露戦争は終戦の「落としどころ」を見据えた上で行われ、実際にうまく「落とす」ことができた。
戦争が継続していたら、日本はロシアに負けていたかもしれない。

戦争と違い、ビジネスに落としどころはない。競争から降りるまで、戦いは続く。
短期決戦はできない。講和も期待できない。
攻撃(営業)は言わずもがな、兵站・補給(バックオフィス、資金、設備、システム)の充実が生命線だ。

ビジネスを戦争のつもりで戦ってはいけない。戦争をし続けることはできない。
むしろ、ずっと続くという意味では「外交」だとそのスコープを広く解釈した方が、よりよい戦略が描けるのではないだろうか。
外交の一つの手段として「戦争」が含まれるわけだから。

関連記事

  1. 戦略は時間軸を意識して

  2. カレンダー、ピン、予定、重複

    「念のため」のコスト

  3. ルーチンとプロジェクト

  4. もっと時間があれば、もっと短くできる

  5. 穴が空けば、そこに何かが入る

  6. 十日恵比須で考える、非合理を越えた合理

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)