確実な未来

未来は不確実で、誰にも予想はできない。
ただ、ほぼ確実に予想できることもある。そのひとつが、人口の推移だ。

国立社会保障・人口問題研究所
https://www.ipss.go.jp/

人口が減ることが確定している。移民を入れればという声もあるが、移民も取り合いになる。
我が国が将来にわたり移民に取って魅力的かどうかはわからない。個人的には悲観している。

急に人口が増えることは期待できない。つまりこれはほぼ確定した条件だ。
田舎(それも離島)出身の自分としては、還るべき原風景が維持できなくなるのは切ないことではあるが、経営者としての自分は感傷に浸る余裕はない。
人口が減ること、若者の割合が少なくなること、都市部への集住が進むこと、田舎のインフラが維持不可能になることなどを想定した事業展開が必要だ。
現時点の状況を前提にして、今がうまくいってるからとそこに安住してはいけないと、いつも思う。

関連記事

  1. 「〇〇に強い」と書けない理由

  2. 遠くを見る

    変数が変わったら(人口×商圏×顧客化率×単価×頻度)

  3. 因果応報

  4. 分析麻痺

  5. J-Net21にインタビューが掲載されました

  6. 情報は川の流れに似ている

最近の記事

  1. 財布を盗む、スリ
  2. 2024.04.01

    2024年の桜

読書記録(ブクログ)