鹿児島・宮崎出張。遠隔地から仕事をいただける理由

今週の前半は、出張で鹿児島・宮崎です。
鹿屋・日南・宮崎・延岡などに点在するクライアントを回ります。

当社は福岡に本社のあるコンサルティング会社ですが、
ここ数年は全国から仕事の依頼をいただいています。
先日は福島県の企業から連絡があり、一緒に仕事をさせていただくことになりました。

有料のマーケティングは行っていない

当社は小さな会社でマーケティング予算も限られており、
ウェブやダイレクトメール、ファックスを使って
大量の広告を打ち、集客・・・といったことはできません。

このブログや、週一のメルマガ、他社主催のセミナーへの登壇が、
唯一のマーケティング活動と言えるでしょう。
#どれも無料ないし報酬をいただく活動です。

実績と紹介

もちろん、上記のささやかなマーケティング活動だけでは
全国から依頼が来る・・といった今の状態にはならなかったと思います。

これまでの実績(特に「ものづくり補助金」、当社の実績が公的なウェブサイトに掲載されている)、
当社と提携しているメーカーや商社・金融機関からの紹介、
この二つの要素が大きいです。

  1. 実績を上げれば、企業からの直接の依頼が増える、
    また、メーカーなどから「セミナーをしてくれ」「当社の取引先を支援してくれ」という依頼も増える。
  2. 依頼が増えれば、実績も増え、取引先からの信用もアップする。また、社内に経験値が蓄積していく。
  3. 実績が増えれば、企業やメーカー・商社・金融機関からの依頼もさらに増える。
  4. 信用が増えれば、他にもいろいろな仕事の依頼が来るようになる
    (1に戻る)

このポジティブフィードバックループ(好循環)によって
当社の業績は維持されています。

当社に仕事を依頼していただける中小企業の皆様、
大事な取引先を紹介していただけるメーカー・商社・金融機関の皆様、
本当にありがとうございます。

実績と紹介

もっとも、信用を失うのは一瞬です。一度何かミスがあれば、
好循環は崩れ、悪循環に陥りそこから抜け出せなくなる可能性もあります。

ひとつひとつの仕事で、当社は「試されている」と思っています。
期待に応えるためのプレッシャーもあります。

仕事で成果が出れば、関わった人全てに喜んでもらえる。
そのために働いています。

関連記事

  1. 比較しなければ判断できない

  2. 福岡県IoT推進ラボ「現場ニーズ把握会」

  3. 本日より2018年の業務を開始します。

  4. 事業継続計画ではなく、事業計画の「継続」部分と考える

  5. 業務フロー

    経営学は悩める子羊に答えを示さない

  6. 究極の組織は存在しない。

最近の記事 おすすめ記事

読書記録(ブクログ)