経営はアート、クラフト、サイエンス

多数の筆

経営に必要な3つの要素。

アート(芸術)、クラフト(技術)、サイエンス(科学)だそうだ。
出典は忘れてしまった・・・・・

ちょっと抽象化しすぎな気もする。
ただ、自分も経営者として日々活動していて、かつ中小企業診断士として様々な企業と接してきて、確かにそうだなと思う。

とはいえ、この3要素を全て持っている経営者は少ない。1つか、持っている人で2つがせいぜいだろう。
足りない部分は従業員を雇うなりパートナー企業を探すなりして補う必要がある。
経営コンサルタントと契約するというのも手だ。

さて、あなたがいま雇っている経営コンサルタントは、あなたの足りない部分を補完してくれる存在だろうか?
たとえば、アートの要素を持っている経営者が同じくアートに強いコンサルタントを雇ったら、話は合うだろうが、成果は残せないだろう。(クラフトかサイエンスの部分で失敗するからだ)

自分と違う分野に秀でたコンサルタントを雇おう。

関連記事

  1. ビジネスモデルを描いてみよう〜ビジネスモデルキャンバス(1)

  2. 「記念碑を建てる」というサイン

  3. 常に自由な立場でー代理店にならない理由ー

  4. 事務所移転のお知らせ

  5. 日本マンパワー インタビュー転載

  6. 起業前に読む。中小機構提供の「業種別スタートアップガイド」

最近の記事 おすすめ記事
  1. ディスコミュニケーション
  2. 幽霊、おばけ、モノクロ
  3. 出張、旅行
  4. 2019.06.21

    結論ありきで

読書記録(ブクログ)