経営はアート、クラフト、サイエンス

多数の筆

経営に必要な3つの要素。

アート(芸術)、クラフト(技術)、サイエンス(科学)だそうだ。
出典は忘れてしまった・・・・・

ちょっと抽象化しすぎな気もする。
ただ、自分も経営者として日々活動していて、かつ中小企業診断士として様々な企業と接してきて、確かにそうだなと思う。

とはいえ、この3要素を全て持っている経営者は少ない。1つか、持っている人で2つがせいぜいだろう。
足りない部分は従業員を雇うなりパートナー企業を探すなりして補う必要がある。
経営コンサルタントと契約するというのも手だ。

さて、あなたがいま雇っている経営コンサルタントは、あなたの足りない部分を補完してくれる存在だろうか?
たとえば、アートの要素を持っている経営者が同じくアートに強いコンサルタントを雇ったら、話は合うだろうが、成果は残せないだろう。(クラフトかサイエンスの部分で失敗するからだ)

自分と違う分野に秀でたコンサルタントを雇おう。

関連記事

  1. 情報にお金をかける(第13次業種別審査事典の購入)

  2. 執筆を強制する効果(書く作業自体が、書くための優れたアイデアを育む)

  3. 業務フロー

    時間軸(タイムライン)を意識する。今日の解決策は明日の問題を生むかもし…

  4. 図解の活用(2)〜箇条書きの弱点

  5. 7割の法人が税金を払ってないけれど

  6. 疑問を解決する、壊す

    水曜日の午後は事務所に居ようか(オフィスアワー)

最近の記事 おすすめ記事
  1. 手帳とコーヒー
  2. 一人だけ抜け出すイメージ

読書記録(ブクログ)