経営はアート、クラフト、サイエンス

多数の筆

経営に必要な3つの要素。

アート(芸術)、クラフト(技術)、サイエンス(科学)だそうだ。
出典は忘れてしまった・・・・・

ちょっと抽象化しすぎな気もする。
ただ、自分も経営者として日々活動していて、かつ中小企業診断士として様々な企業と接してきて、確かにそうだなと思う。

とはいえ、この3要素を全て持っている経営者は少ない。1つか、持っている人で2つがせいぜいだろう。
足りない部分は従業員を雇うなりパートナー企業を探すなりして補う必要がある。
経営コンサルタントと契約するというのも手だ。

さて、あなたがいま雇っている経営コンサルタントは、あなたの足りない部分を補完してくれる存在だろうか?
たとえば、アートの要素を持っている経営者が同じくアートに強いコンサルタントを雇ったら、話は合うだろうが、成果は残せないだろう。(クラフトかサイエンスの部分で失敗するからだ)

自分と違う分野に秀でたコンサルタントを雇おう。

関連記事

  1. シンプルなままにしよう

    ちょっとした味付け(名刺のホログラム処理)

  2. 野焼き。メンテナンスの力

  3. 十日恵比須で考える、非合理を越えた合理

  4. 歯車

    君が取り組んでいる問題が赤なだけだ

  5. 仮面で握手

    数を誇るのではなく

  6. 3/1 東京オフィスを開設しました

最近の記事 おすすめ記事
  1. 上昇するイメージ

読書記録(ブクログ)