「あいつはおかしい」〜愚かしい人バイアス

間違った道、方向

あなたの目の前で、
誰かが不自然な行動を取ったとしよう。

「あのような変な行動を取るのは、
あの人がおかしいからだ」と解釈することを
「愚かしい人バイアス」という。

事例:傘を振り回す女性

先日、小倉の会社で会議をするために、
小倉駅から徒歩で向かっていた。
午前中に雨が降り、午後には止んでいた。
少し遠くから、傘を竹刀のように
振り回している女性が近づいてきた。

私は、「やばい、目を合わせないようにしなければ」
と思い斜め下に目線をそらしながら歩いた。
すれ違いざま「米倉さん!」と呼ばれて顔を上げると、
社員でした・・・

遠くから私を見つけ、傘を振って合図を送っていたとのこと。
申し訳ない。

愚かしい人バイアスを意識する

愚かしい人バイアスを持つと、他人の行動の理由を
きちんと考えずに「あの人はヘンだから」と自分で理由を作って、
それで納得してしまう。

その行動には、おそらくその人なりの
理由があるはずなのに、それを見逃してしまう。

もしかしたら、自分の人生なりビジネスへのヒントが
そこにあるのかもしれないのに。

このブログでもいろいろなバイアスをこれまで紹介してきたが、
これらのバイアスは自然に発生するものであり、回避するのは難しい。
バイアスの影響から逃れて思考するためには、
バイアスの存在とその種類について知り、何らかの
判断を下す際に「いま自分は何かのバイアスに囚われていないか」
と、常に自問自答することが求められる。

関連記事

  1. 結論ありきで

  2. ビジネス、歯車、モデル

    システム思考(1)〜ものごとのつながりに注目する

  3. 視点を変える(4)〜関係性を変える

  4. あなた、A型じゃないですか?・・バーナム効果の話

  5. してみて、良きにつくべし

  6. ビジネス、歯車、モデル

    仕組みで解決

最近の記事

  1. 2021.10.15

    非合理の論理
  2. 幽霊、おばけ、モノクロ

カテゴリー

読書記録(ブクログ)