情報のわかりやすい提示(福岡市営地下鉄のりかえ・出口案内)

業務フロー

いつごろからか、福岡市営地下鉄に写真のような掲示物が見られるようになった。
(昔からある掲示物で、私が気がつかなかっただけかもしれない)

地下鉄の各駅(識別番号やアイコンを含む)を縦軸にとり、横軸に地下鉄の車両(1号車から6号車)、それぞれの駅で何号車に乗っていれば階段やエスカレータ、エレベータに近いかが一覧できる。非常にわかりやすいデザインだと思う。

乗降数の多い「天神」や「中洲川端」「博多」のみ昇降口が端(1号車と6号車が近い)にあるのは、当初から意識した設計だったのだろうか?
他の駅は2号車と5号車が階段・エスカレータに近いことが多いようだ。

上述の3駅であれば1号車、6号車(端の車両)に、それ以外の駅であれば2号車に載るのが最適な乗車位置の選択と言える。
最適解を一つにするのであれば、「2号車の前の方(1号車寄り)」だろうか。

もっとも、結局のところは乗車駅で歩くか、降車駅で歩くかの違いでしかないような気もするが・・・・・

関連記事

  1. ブログ毎日投稿、500日達成

  2. 歴史に参加する

  3. 休日自宅引きこもり=ステイケーション

  4. 休暇

    【お知らせ】ゴールデンウィーク期間中の営業

  5. 古巣の倒産に思う

  6. 桜の季節

最近の記事

  1. 2019.08.22

    地域のお祭り
  2. 頭の中のものを外に出す
  3. 植物の成長
  4. 2019.08.15

    10年前の今日
  5. パズルを組み合わせる

カテゴリー

読書記録(ブクログ)