当社の休業ルール

ルールを知る

経営者の休みなんてあってないようなものです。
しかし、従業員はそうではない。きちんとしたルールがないと安心して働けない・休めないでしょう。
そこで話し合いの上、休業日のルールを下記のように決めました。

  • ルール1:土日休みの週休二日制
  • ルール2:就業時間は9時〜17時、昼休みは任意の時間帯で取っていい
  • ルール3:暦の上で、3連休の存在しない月は、どこか一日金曜日を休みとして3連休を作る
  • ルール4:飛び石連休、つまり火曜日か木曜日が祝日の場合は、間の日(月曜日や金曜日)も休みとして4連休とする
  • ルール5:遅刻、早退、欠勤は事前に連絡があり、かつ業務に問題がなければ理由問わず(当たり前だけど)OK

プレミアムフライデーの導入は検討中です。

ルール1は、まあ当たり前ですね。
ルール2は、12時に食事に出ると店が混んでいるからです。ずらして昼休み取った方が効率的。
ルール3は、3連休が存在しない月は気分が落ち込むから(自分が)。
ルール4は、飛び石連休はなんかもったいないと思うから(自分が)です。

このルールに従い、2017年の会社独自休日は下記のようになります。
2/10、4/14、5/1,2(GWはルール外だけど特別)、6/16、11/24、12/15

今後雇用する社員にも同じルールを適用します。
恵まれた雇用環境?いやいや、就業時間中、仕事はみっちりやってもらってますよ・・・

そうはいっても社長の私は労働基準法も何もあったものではなく、土日・昼夜なく働いてます。
土日の早朝にも普通にクライアントにメール送ってます。

自分の会社なので、自分が考える理想の就業環境を作りたい。
しかしそれが自分に適用できていないというジレンマ。
いつかは上記ルールに則った働き方がしたいです。できれば今年中に!

関連記事

  1. 1,000記事目の投稿

  2. コンサルタントは「読書代行業」である

  3. 先生と呼ばれて、はじめて嬉しいと思った話

  4. パズルのラストピース

    自分で造った言葉に慣れる

  5. 永遠のいたちごっこ

  6. 手帳とコーヒー

    コーヒーの魔力

最近の記事

  1. 2021.03.26

    人に会う
  2. 2021.03.25

    2+2=5

カテゴリー

読書記録(ブクログ)