いつかお墓に入るまで

別れ、さようなら、霊体、天国

帰省した。郷里は長崎県の五島列島。福岡市内から船で6時間かかり、ちょっとした旅になる。

自宅からは徒歩1分もかからず海だ。湾になっており、山間から出てくる太陽が美しい。

DCIM100MEDIADJI_0012.JPG

墓参りをし、花火をする。
#私は無神論者ではあり、神仏や魂といったものを信じていない。
#だけど、家族や友人の信仰は尊重するし、先祖を敬う気持ちは持っている。

長崎県だけだと思うが、お盆にはお墓で花火をする習慣がある。爆竹やロケット花火が賑やかだ。

郷里は山と海に面した狭い地域にあるため、墓地は山を切り開いて作っている。ドローンで撮影してみるとよくわかる。

墓からは、既に亡くなられた方々が生まれ育った土地と海が一望できる。私もいずれ死に、この墓に入るのだろう。いつになるかはわからないけれど。

関連記事

  1. 新年、お祝い、鶴、扇、富士山

    2017-2018年末年始休暇のお知らせ(12/29〜1/8)

  2. 事務所ビルのライトアップ(すべては繋がっている)

  3. 病気、風邪、寝込む

    風邪でダウン。組織力のメリット

  4. なぜ yone “que” raなのか〜

  5. 祝、開業4周年

  6. このブログはどんな人に読まれているのか

最近の記事

  1. ピザ
  2. ディスコミュニケーション
  3. 旅行、出張
  4. バックアップ、プランB

カテゴリー

読書記録(ブクログ)