いつかお墓に入るまで

別れ、さようなら、霊体、天国

帰省した。郷里は長崎県の五島列島。福岡市内から船で6時間かかり、ちょっとした旅になる。

自宅からは徒歩1分もかからず海だ。湾になっており、山間から出てくる太陽が美しい。

DCIM100MEDIADJI_0012.JPG

墓参りをし、花火をする。
#私は無神論者ではあり、神仏や魂といったものを信じていない。
#だけど、家族や友人の信仰は尊重するし、先祖を敬う気持ちは持っている。

長崎県だけだと思うが、お盆にはお墓で花火をする習慣がある。爆竹やロケット花火が賑やかだ。

郷里は山と海に面した狭い地域にあるため、墓地は山を切り開いて作っている。ドローンで撮影してみるとよくわかる。

墓からは、既に亡くなられた方々が生まれ育った土地と海が一望できる。私もいずれ死に、この墓に入るのだろう。いつになるかはわからないけれど。

関連記事

  1. 10年前の今日

  2. 会社名「フロウシンク」の由来

  3. 8/14-18 夏期休暇のお知らせ

  4. 再投資

  5. 2月10日は当社規定により休日となります。

  6. 2021年11月22日(月)は当社公休日です

最近の記事

  1. 2022.08.17

    二つの時計
  2. 数字、数学、パズル

    2022.08.09

    数を数える
  3. 2022.08.04

    笑いの共有
  4. 2022.08.01

    何をやっても

カテゴリー

読書記録(ブクログ)