静かな環境を軽視するな

普段使っているBOSEのノイズキャンセリング(NC)ヘッドフォンが壊れた。
自転車に乗る時は別として、外出時には必ず装着していたアイテムだった。
今は壊れているので、耳に何も付けていない状態で東京に出張している。

装着しているけど、音楽を聴くことはあまりない。
NC機能だけをオンにして、静寂な環境を作っている。

騒音が多い鉄道線路沿いの教室で学ぶ学生たちは、
静かな教室で学ぶ学生に比べ、最終的に丸一年分、
学力が後れを取った例もある。
防音装置によって騒音問題が解消されたところ、
学力の差もなくなったという。

ー残酷すぎる成功法則 より

エアコンや冷蔵庫など家電の音、電車や飛行機の座席でのゴーッという低い音。
こういった音は意識しなければ気づかないけれど、人間の作業効率に大きな影響を及ぼすようだ。

BOSEが壊れたので、これを機会にSONYのワイヤレスNCヘッドフォンを試して見ようと思う。
(BOSEにある)ケーブルとネックバンドの不快感が解消されるのはうれしいが、果たして、NC性能がBOSEと同じレベルかどうか。

関連記事

  1. 定番商品の進化。アラビックヤマトツイン

  2. 自立式ホワイトボード(可搬性あり)

  3. 騒音に我慢できない

    無音の世界で集中する(3M PELTOR X5A レビュー)

  4. 仕事してるとき、足がヒマそうだ。ならば・・・

  5. 小型ドローンを購入

  6. 短距離移動はキックボードで

最近の記事

  1. 2019.08.15

    10年前の今日
  2. パズルを組み合わせる

読書記録(ブクログ)