iPhone 11 Pro Max。進化の袋小路

iPhone 11 Pro Maxのグリーンを購入した。
iPhoneXからの乗り換え。

某ボトムズ(正確にはスコープドッグ)に似ていると評判だが、
並べてみるとそれほど似ているとも思えない。
レンズの配置、デザイン的にはちょっとどうかなと思うが、縦か横に3つ並べると1つめと3つめの視差が大きくなりすぎ、合理的に考えたらこの配置がベストなのだろう。

確かにカメラは良くなった。電池の持ちもすばらしい。
だけど、それだけだ。レティナディスプレイ搭載時や指紋認証、3Dタッチ(なくなったけど)のような驚きはなかった。
スマホの進化ももう頭打ちで、あとは各部の性能が上がるだけなのかと思うと、少しさみしい。

関連記事

  1. レーザーポインタよさようなら。ロジクール スポットライト レビュー

  2. iPad Pro Magic Keyboard

  3. スマートリング「Oura」

  4. 多数の筆

    大型モニタをペン対応に。てれたっち(DA-TOUCH)

  5. MicroSD > SD,USB変換アダプタ

  6. 未来への扉、どこでもドア

    アップルウォッチで改札を通過

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)