iPhone 11 Pro Max。進化の袋小路

iPhone 11 Pro Maxのグリーンを購入した。
iPhoneXからの乗り換え。

某ボトムズ(正確にはスコープドッグ)に似ていると評判だが、
並べてみるとそれほど似ているとも思えない。
レンズの配置、デザイン的にはちょっとどうかなと思うが、縦か横に3つ並べると1つめと3つめの視差が大きくなりすぎ、合理的に考えたらこの配置がベストなのだろう。

確かにカメラは良くなった。電池の持ちもすばらしい。
だけど、それだけだ。レティナディスプレイ搭載時や指紋認証、3Dタッチ(なくなったけど)のような驚きはなかった。
スマホの進化ももう頭打ちで、あとは各部の性能が上がるだけなのかと思うと、少しさみしい。

関連記事

  1. AppleWatchで男の「時計グレード競争」から距離を置く

  2. Surface Book 2。久しぶりのWindows端末

  3. ホワイトボードに似合う椅子、ヴァリエール ムーブ

  4. 短距離移動はキックボードで

  5. 折りたたみ式携帯ホワイトボードの活用

  6. 静かな環境を軽視するな

最近の記事

  1. 2020.05.30

    トリアージ
  2. 2020.05.22

    iPod Touch

カテゴリー

読書記録(ブクログ)