iPhone 11 Pro Max。進化の袋小路

iPhone 11 Pro Maxのグリーンを購入した。
iPhoneXからの乗り換え。

某ボトムズ(正確にはスコープドッグ)に似ていると評判だが、
並べてみるとそれほど似ているとも思えない。
レンズの配置、デザイン的にはちょっとどうかなと思うが、縦か横に3つ並べると1つめと3つめの視差が大きくなりすぎ、合理的に考えたらこの配置がベストなのだろう。

確かにカメラは良くなった。電池の持ちもすばらしい。
だけど、それだけだ。レティナディスプレイ搭載時や指紋認証、3Dタッチ(なくなったけど)のような驚きはなかった。
スマホの進化ももう頭打ちで、あとは各部の性能が上がるだけなのかと思うと、少しさみしい。

関連記事

  1. ビジネス、歯車、モデル

    AppleWatchで空港改札通過。ワンアクション少ないという利便性

  2. 手帳とコーヒー

    コーヒーカップにもIoT(Ember Mug)

  3. iMoov。机のない場所でも快適なPC作業を

  4. Google Pixel 3a XL

  5. Apple Watch Series 5

  6. 紙の完全なる代替品。ソニー 電子ペーパー DPT-RP1

最近の記事

  1. 嫉妬、嫉み、羨望、比較
  2. 休暇
  3. 旅行、出張

    2019.10.08

    東京出張

カテゴリー

読書記録(ブクログ)