AppleWatchで空港改札通過。ワンアクション少ないという利便性

ビジネス、歯車、モデル

出張の際、荷物検査や改札をAppleWatchで通過してみた。

最近は電車や地下鉄・バス、コンビニでの支払もAppleWatchに入れたスイカで行っている。
ケータイやカードを出さずに腕時計を読み取り機に押し付けることで、店員が不思議がられたり話しかけられたり(「ロボットやね!」と感心されたことがある)するのも、もう慣れてしまった。

二次元バーコード表示も交通カード決済も、ケータイでも同様のことはできる。
ポケットやカバンからケータイを取り出すというワンアクションが無くなるのが、アップルウォッチの利点だ。

ただそれだけ?と思うかもしれないが、そのワンアクションが無くなるだけでも結構利便性が高まるものだ。
10本以上の腕時計を所有しているが、いまではAppleWatch以外の腕時計を付けることはほぼ皆無になってしまった。

関連記事

  1. 画鋲のいらない掲示板「ラッケージ」

  2. 騒音に我慢できない

    無音の世界で集中する(3M PELTOR X5A レビュー)

  3. 電子ペーパーの視認性を選ぶ〜ポメラDM30

  4. Magsafeの復活。Snapnator

  5. iPhone 11 Pro Max。進化の袋小路

  6. それはムダなものではあるが

最近の記事

  1. 2020.05.22

    iPod Touch

カテゴリー

読書記録(ブクログ)