記録であって、記憶ではない

写真は記録であって、記憶ではない。
なので観光地でバシャバシャ撮影ばかりしていないで、しっかりとその両の眼に焼き付けろ、と言われたことがある。
そう、記録と記憶は違う、でも記憶が無条件に優れているわけではない。

記憶は時が経てば曖昧になる。他の記憶と混ざり、全く異なる記憶に変質することだってある。
記録はそうはならない。切り取り方によって恣意的にはできるが、一度記録したものは、いつまで経っても、全く同じ形で残る。
そして、記録を見ていると、そこから記憶が蘇る。
おそらく、頭の中にだけ残していた時よりもくっきりとした形で。

スマホのカメラの性能アップも著しい、日常の用途ならそれで十分だ。
でも、やっぱり、ちゃんとしたカメラには叶わない。
仮に性能で追いつかれたとしても、私はカメラを使い続けるだろう。
これは実用ではなく、単なる趣味だからだ。

(写真は全てライカQ2で撮影)

関連記事

  1. 撮影、カメラ、草原

    瞬間を切り取り、記録する

  2. たえて桜のなかりせば

  3. 大興善寺、咲き誇るツツジ

  4. 地域のお祭り

  5. 猫と森 / 「重み」を身につける

  6. 事務所近くの蓮の花(安全な環境)

最近の記事

  1. 2022.12.07

    世情に疎い
  2. 2022.12.05

    旦那のように
  3. 2022.12.02

    散歩
  4. 2022.11.30

    思えば遠くに
  5. 2022.11.29

    暗黙の信頼

カテゴリー

読書記録(ブクログ)