光と影

写真撮影を趣味にしていると、光のあたり具合が気になってしまう。光によって生まれる影の具合も。

光が全体に満遍なく当たった写真もそれはそれで良さがあるが、
個人的には陰影がはっきりした、暗めの写真を好む傾向があるようだ。

写真だけじゃなく人生全般においても、単に眩しいだけの人物や物事よりも、
多少「影」のある人物だったり物事だったりに共感するように思う。

関連記事

  1. 記録であって、記憶ではない

  2. カメラを構えて

  3. 撮影会

  4. 事務所近くの蓮の花(安全な環境)

  5. 2024年の桜

  6. 短い秋見つけた

最近の記事

  1. 2024.06.21

    パレイドリア

読書記録(ブクログ)