猫と神社

京都の伏見稲荷神社へ出かけた。
観光客が多いと聞いていたので、夜明け前の5時半に現地に到着するようにした。
さすがに人もごくわずか、人より猫の方が多い。

薄暗い中、狂気すら感じる量の鳥居をくぐり山を登るのはレアな体験だ。
「こちら側」に戻って来れなくなるかもな、そしたら仕事しなくて良くなるな・・と思っていたら、普通に戻って来れてしまった。

すっかり夜もあけ、ホテルに帰る頃には外国人観光客でいっぱいになった。夜明け前に行くという選択はどうやら間違ってなかったようだ。

関連記事

  1. カメラの存在意義

  2. 記録であって、記憶ではない

  3. 旅をする理由

  4. 撮影、カメラ、草原

    スマホと一眼デジカメの境界線

  5. 事務所近くの蓮の花(安全な環境)

  6. ラーメン二郎 三田本店

最近の記事

  1. 2024.06.21

    パレイドリア

読書記録(ブクログ)