GOTOトラベル

観光業界にも知り合いはたくさんいる。ほぼ全員が売り上げ減に困っている。

何かと批判されるGOTOトラベルだが、このタイミング(夏休み前)を逃すと厳しいという主張もよくわかる。
すでに、年度末とGWというハイシーズンを失った業界、夏休みまで失うわけにはいかない。
時間がない。東京を外すことで効果が減殺されるとしても、この時期にやらなければ、運輸・観光業、そしてそれに関連する多くの産業が存亡の危機を迎える。いや、すでにかなり厳しい状態になっている。

しっかりと感染対策をした上で、が前提だけれど、GOTOトラベルの制度を利用してそれらの業界の助けになりたい。
そこで、仕事で遠出をした際は、たとえ客先から少し離れていても、温泉旅館まで移動し宿泊することにしている。
車で移動し、一人で宿泊するかぎり、いわゆる「密」は発生しない。宿側だって細心の注意を払ってくれている。

また最近の報道によれば、GOTOトラベルを原因とする感染はほとんど起こっていないようだ。

仕事で日本各地に出張し、いろいろな観光地の宿に宿泊した。
仕事が煮詰まった時は温泉宿でパソコンをカタカタ叩いていた時もあった。
精神的にしんどい時に、旅先で美しい風景に触れて「なんとか頑張ろう」と持ち直したこともある。

そんな場所がなくなってしまうのは耐えられない。

飲食でも宿泊でも、閉店に際し「残念です」「もう一度行きたかった」という声が出る。
ほかでもない、閉店を残念に思う彼らが普段から通ってさえいれば、閉店することはなかった。

関連記事

  1. ひとり合宿その12(天草)

  2. ワーケーション

  3. ひとり合宿その4〜くじゅう

  4. ワークフロム温泉

  5. 広島行

  6. ひとり合宿その13(八重山諸島):南国の花編

最近の記事

  1. 2021.10.15

    非合理の論理
  2. 幽霊、おばけ、モノクロ

カテゴリー

読書記録(ブクログ)