志免町商工会で「事業計画策定セミナー」を行いました。

志免町商工会さま主催「事業計画策定セミナー」
の講師を努めました。

事業計画策定の意義を説明した後に、
小規模事業者持続化補助金の説明を行いました。

計画は作って終わりではありません。
進捗状況をチェックし、当初の計画に
縛られず状況が変わればすぐに計画を
変更する柔軟さも求められます。
そんな話もしました。

持続化補助金の申請書は、一種の事業計画

持続化補助金の申請書には、
事業概要・顧客ニーズ・自社の強みや
今後のプランなどを記述します。
損益の細かい予測などは書かないものの、
これは一種の事業計画と言えるでしょう。

通常、事業計画を作成しても
1円にもなりませんが、
持続化補助金に採択されれば
最大で100万円の補助金が
もらえた上に、事業計画も
できるわけです。
やらない手はないかと。

ちなみに、小規模事業白書2017によれば、
持続化補助金に採択された事業者のうち
およそ半数は、「売上があがった」または
「顧客が増えた」と回答しています。

持続化補助金の公募は
数日中に始まると言われています。

公募開始次第、このブログでも随時
情報を流していきます。

関連記事

  1. マツモト産業様福岡支店にて「もの補助」セミナーを行いました。

  2. 帝国データバンク様「成長を続ける中小企業のための組織力強化セミナー」で…

  3. 未来への扉、どこでもドア

    西日本シティ銀行 創業応援サロンにて「創業前後に使える補助金」セミナー…

  4. 西日本シティ銀行 3月のビジネスサポートセミナーで講演しました

  5. 講演、セミナー

    ものづくり補助金セミナー@CIメディカル

  6. ITベンダーによる現場ニーズ把握会「小売業のデジタル化」に参加

最近の記事

  1. 新年、鶴、富士山
  2. 正義、校正、法律
  3. 新年、鶴、富士山

カテゴリー

読書記録(ブクログ)