2018(H29補正)ものづくり補助金、いよいよ公募開始!

2月中に公募が始まると言われていた
「H29年度補正 ものづくり補助金」。

2/28の18時になっても事務局である
各県の中央会ホームページは更新されず。

もう今月はないのかなと思っていたら、
18時過ぎてから、全国中央会のホームページに
突如として情報が出てきました。

公募要領(参考版)はこちら。
#各県毎に公募要領は若干違いますので、
#申請の際には、必ず各都道府県毎の公募要領をお使いください。
#ただし、大筋の部分は変わりませんので、こちらで解説しても
#問題はありません。

http://www.chuokai.or.jp/hotinfo/29mh_koubo_201802.pdf

福岡県の中央会ホームページは、3/1 4:55時点で
まだ更新されていません。
おそらく本日の朝にはアップされるのでしょう。

2018年のものづくり補助金、いよいよ始まります。

募集要綱をざっと見て、気になる点をまとめています。
細かい解説は、きちんと読み込んだ後で随時このブログにアップします。

締切は4/27、GW前

公募期間は、平成30年の2月28日〜4月27日(金)、
当日消印有効です。
上記は郵送の場合で、電子申請を行う際は
締切が5/1(火) 15時と若干伸びます。

採択発表は6月中を予定

採択発表は6月中とのことです。
その後の交付決定にかかる時間を考慮すると、
実際に補助事業を開始できるのは7月下旬くらいを
想定しておいた方がいいでしょう。

二次募集があるようです

二次公募を行う予定ですが、開始時期・実施内容に
ついては未定です。別途公募要領を出す予定です。

とあります。
今年は採択者数が増える(昨年6千件→今年1万件)
こともあり、二次募集が行われるようです。

もっとも、どんな補助金でも
「一次募集の方が合格率が高い」
傾向にありますので、二次募集を
待たずに今回申し込むことをお勧めします。

事業実施期間は年末まで

事業終了期間は、基本平成30年の12月28日(金)まで。
小規模型のみ11月30日(金)までとなります。

納期のかかる機械装置などは、交付決定後の
発注では5月程度での発注>納品>検収となり、
かなりシビアなスケジュールですね。

経営力向上計画は、引き続き加点項目に

昨年・一昨年に引き続き
「経営力向上計画」の認定を受けていれば
加点になるようです。

こちらは固定資産税の減税や
一括償却or10%税額控除といった特典もあり、
ぜひこれを機会に取得を勧めます。
#当社では経営力向上計画の認定取得も
#支援可能です。お問い合わせください。

他の加点項目については、近日中にブログで解説します。

関連記事

  1. 2019年ものづくり補助金「事務局」募集から読み解く今年の制度

  2. ものづくり補助金 過去の採択者一覧と辞退者の把握

  3. グラフ

    九州経済産業局「これから使える補助金等施策説明会」の配付資料がDL可能…

  4. H29ものづくり補助金、業界別採択時の事業概要(歯科業界、建設業界)

  5. 旅行、出張

    嘉麻市移住定住起業チャレンジ支援事業補助金制度

  6. 補助金の季節に向けて(6)〜書類作成が面倒?時給で考えてみては

最近の記事 おすすめ記事
  1. 本棚
  2. 見通し、未来予測、双眼鏡、青空

読書記録(ブクログ)