ルールを増やさない、定期的に廃止する。

物事をシンプルにするには努力が必要だ。
エントロピーの法則を持ち出すまでもなく、物事というのは放っておけばどんどん複雑になっていく。
組織で言えば、ルールが増えていき、業務フローも複雑怪奇になる。

意識的にシンプルにするためには、まずは不用意にルールを増やさないことだろう。
組織で問題が発生するとすぐに新たなルールを作りたくなるが、
問題が発生する頻度と影響の大きさを考えれば、敢えて作る必要のないルールもある。
システム化などの仕組みで解決できるものもあるだろう。

それと、定期的に不要なルールを廃止すること。
過去には有益だったが現在は状況が変わり意味が無くなったルールや、
慌てて導入したものの実際にやってみると意味のなかったルール、これらを捨てる。

入口と出口で見張る。これを怠ると、すぐに官僚的な息苦しい組織になってしまう。

関連記事

  1. やり方はいくつもある

  2. 顧客は何を「求めていない」のか。彫刻を削り出す。

  3. デザインルールの統一

  4. ビジネス、歯車、モデル

    古いテクノロジーに戻るのは難しい

  5. 「何か変だな」に注目する

  6. 事務所近くの蓮の花(安全な環境)

最近の記事

  1. ディスコミュニケーション
  2. 2020.07.05

    V-RESAS

カテゴリー

読書記録(ブクログ)