資格を取って15年。次の5年は

中小企業診断士資格は、5年に一度の更新手続が必要となる。
今回4回目の更新を行った。ということは、もうこの資格を取ってから15年が経過したのか。

「うまくいかなかったらまたIT系の会社に就職すればいいや」と軽い気持ちで始めたコンサル仕事も、
もはや引き返せないところまで来てしまった。いま辞めたら各方面に多大なご迷惑をかけてしまうし、
40後半の中年男性を引き取ってくれるIT系企業もあまりないように思う。

5年単位でざっくり振り替えると、最初の5年は修行の時期だった。IT企業を辞めてコンサル会社でハードワークに従事した。
次の5年は、独立して個人事業主として頑張っていた時期と重なる、その次の5年は、法人化し人を雇い始めた時期だ。

この15年は本当にいろいろなことがあった。
次の5年もきっと、平坦な道ではないのだろう。

それでも会社経営者として、自分の道を100%自分で決めることができることが嬉しい。
人生が幸せかどうかの要因のひとつは、状況を自分でコントロールできるかどうかにあると思う。
たとえその選択肢が間違っていたとしても、きっと納得できる。(なるべくならより正しそうな道を選びたいけれど)

関連記事

  1. 「真摯」と「断定」の両立

  2. 雑草、たくましい

    雑草は強くない(ポジショニング戦略)

  3. 失敗は隠れたがる

  4. 統計の読み方(1)_入力編

  5. もっとも効果的な改善案は、あなたが変わることです。

  6. 検索

    自分に合った中小企業診断士を見つけよう

最近の記事

  1. アイデアがまとまる
  2. 2021.07.15

    feel,felt,found

カテゴリー

読書記録(ブクログ)