永遠のいたちごっこ

実に久しぶりに、休日を自宅で過ごした。
数日前まで地獄のような忙しさで、GWも土日も普通に出勤していた。
齢を重ねたせいか、深夜までの仕事は体力が持たない。徹夜なんてしようものなら、翌日は丸一日頭が働かない。
結果、毎日働くことになる。

もちろん、この状態が良いとは思っていない。
経営者は仕方がない面もあると思うが、従業員にも同じ様な労働をさせるのは忍びない。

この数年、人を増やし、システムに投資し、ひとりあたりの業務負荷の低減と作業の効率化に努めてきた。
振り返れば、2年ほど前と比べれば残業時間は減ったように思う。

とはいえ、仕事の依頼は増える一方だ。いくら生産性を上げても、それを上回る依頼がやってくる。
永遠のいたちごっこだ。仕方がない。仕事が来ることをありがたいと思わねば。

基本方針として、当社を頼っていただける中小企業には、なるべく対応したいと思っている。
いつ電話しても「忙しいから後で」と言われる会社には、いずれ誰からも依頼がこなくなるだろう。

来週一週間は新規案件の打合せばかりだ。
その合間に、さらなる業務効率化のために何ができるか考えたい。

関連記事

  1. 2017年もありがとうございました

  2. 休暇

    当社が月一回、必ず三連休をつくる理由

  3. 古い門扉、鍵、閉鎖、閉店

    当社12月休日のお知らせ

  4. 確定申告

  5. 別れ、さようなら、霊体、天国

    長期的には、我々は皆死んでしまう

  6. 屋上で仕事する

最近の記事

  1. 財布を盗む、スリ
  2. 2024.04.01

    2024年の桜

読書記録(ブクログ)