単に生き残っただけ

短いサラリーマン人生の中で、「尊敬できる上司」が2名いた。
そのうちの1人が、お盆前に突然亡くなったとの連絡を受けた。

当時私はIT業界にいた。東京で仕事をしていた。
上司は恐ろしく頭のいい人だった。
これまでたくさん頭のいい人と仕事をしてきたが、あの人を超える頭脳にはまだ出会えていない。
日本のインターネット黎明期に、非常に重要なプログラムを書いた人として業界では有名だ。
一緒に客先へ訪問した際は、顧客からサインを求められるような人物だった。

私は彼の指示で、某都市銀行(今は合併で名前がなくなったが)の
メールアカウント登録のためのプログラム(シェルスクリプト)を作成したのを覚えている。
今思えば、そんな重要なものを25歳かそこらの若造に作らせるのもすごいなと思うが・・・・
上司は「好きにやってください、何かあれば責任は全て私が取るんで」と言ってくれた。
もし自分が出世したら、部下にさらっとこう言えるような上司になろうと思った。
(出世はしなかったが、起業して部下を持つようにはなった)

社会にとって有意な、余人をもって変えがたい人物が、早くに死んでしまい、
大した能力のない私のような人間が生き残る。
私はまだ当時の彼の水準にすら届いていないのに、
のうのうと生きて、いっぱしの経営者面をして偉そうに社員に指示をしている。
なんと不公平な世の中だろうか。

R.I.P.

関連記事

  1. 心を亡くす

  2. 人の心を最もかき乱すもの

  3. 社長を縛れるのは社長だけ

  4. ユリイカ

  5. あの頃よりはマシ

  6. いい風に

最近の記事

  1. 2024.07.16

    今はもうない
  2. 2024.07.05

    二拠点生活

読書記録(ブクログ)