神様は爆笑している

もし神様を笑わせたいのなら、君の将来の計画を神様に話してごらんなさい。
If you want to make God laugh, tell him about your plans.

ウディ・アレン

物事は思い通りにはいかない。独立してからの自分もそうだった。
2009年の秋、独立当初にざっくりと作った事業計画は、今の自分が見たら「ぜんぜん違うじゃないか」と、爆笑とまではいかないが苦笑せざるを得ないものだ。未来を予見できる神様ならば2009年の時点で爆笑したのだろうが、神ならぬ人間の私には十数年の歳月が必要だった。
(うろ覚えだが、当時の計画を頑なに守り続け、実現したとすれば、私は今も自宅の一部を事務所として、人を雇うことなく、システムエンジニアとコンサルの二足の草鞋で活動していただろう)

将来の計画については、それに過度に囚われることなく、柔軟な意思決定を行なった方がいい。
先を見通すことができるのは神だけで、見通すことができたという人は、偶然読みが当たったか、もしくは当たったと無理矢理そう解釈しているだけなのだと思う。
神様に笑われない計画はたぶん作れないけど、状況に対応して計画を変更し続けることができれば、少なくとも爆笑され続けることはないだろう。真顔になるのか、微笑をくれるのかは、あなた次第なのだろうけど。

関連記事

  1. 曲がりくねった道

    しつこく考え、問い続けること。

  2. 参拝を目安に

  3. いい話は来ない

  4. 貧すれば鈍する。富んでもまたしかり

  5. 社長を縛れるのは社長だけ

  6. 手品のタネが見える

最近の記事

  1. 2024.05.14

    写真修行

読書記録(ブクログ)