令和元年度補正予算 補助金情報その3「エネ合補助金」

令和元年度補正予算で、
「生産設備におけるエネルギー使用合理化等事業者支援事業費補助金」
が実施される予定です。

令和元年度経済産業省関連補正予算案の概要 (METI/経済産業省)

PR資料にわかりやすくまとめられています。エネ合補助金についての記載は32ページ。
こちらからダウンロード(PDF)

同様の補助金は「エネ合補助金」の略称で以前から実施されてきていたものです。
当社も数社の支援実績があります。
今回、これまでと大きく異なるのは、従来は設備として対象外であった「マシニングセンタ」「レーザ加工機」「射出成形機」等が対象となったことです。以前これらの設備を申請しようとすれば、工場全体の省エネ率を試算する必要があったのですが、今回からは手続きが簡略化されそうです。

ものづくり補助金との使い分けは?

同様に、設備投資に使える補助金として「ものづくり補助金」があります。
どちらを使えばいいのかについてですが、ポイントは「設備投資の総額」と「新設か入れ替えか」です。

ものづくり補助金は最大で1千万円、補助率2/3です。
エネ合補助金は、最大金額が現時点では明示されていませんが、前回は数億円でした。ただし補助率は1/3となります。

エネ合は新規導入がNGで、必ず旧設備の入れ替えが必要です(新設ではエネルギー使用料が上昇しますから)。
また、旧設備と比較してエネルギー効率が向上していることが条件で、その程度が審査基準となります。
一方、ものづくり補助金は、新設・入れ替えどちらも基本的にOKです。省エネ効果も不問です。

よって、基本的には設備投資はものづくり補助金、
ただし、旧設備の代替で、省エネ効率がアップする、しかも設備金額が3千万円以上となると、エネ合補助金という選択肢になります。

関連記事

  1. ルールを知る

    九州経済産業局「これから使える補助金等施策説明会」に参加

  2. 2019/05/29 いま申請できる補助金

  3. 旅行、出張

    嘉麻市移住定住起業チャレンジ支援事業補助金制度

  4. H29年度「省エネ補助金」、5/25公募開始

  5. H28年創業補助金の結果発表。予想通りの塩展開

  6. 企業と支援をつなげるプラットフォーム「クラウドシエン」の登録専門家にな…

最近の記事

  1. ディスコミュニケーション
  2. 2020.07.05

    V-RESAS

カテゴリー

読書記録(ブクログ)