ものづくり補助金、4年間の軌跡(統計データ)

今年4年目を迎えた「ものづくり補助金」。
九州経済産業局がこの4年の応募総数や採択者数をまとめたデータを配布していましたので、編集を加えて見やすくしてみました。

スクリーンショット 2016-07-01 08.23.18

ダウンロード(PDF)はこちら

H27補正(2016年)は、2015年と予算規模はそれほど変わりませんが一社あたりの補助金額が増額(最大3千万)されたため、採択者数は約6割に減少しています。
また、今年の採択者における九州企業の比率が高いのは、震災を配慮して九州地区に予算を重点的に配賦したからだと聞いています。

累計で全国45,810社、九州でも4,062社がものづくり補助金を活用して設備投資や新製品開発を行い、事業を発展させています。
来年あるかどうかはまだ確実なことは言えませんが、検討を始めるなら早いほうがいいでしょう。

ご興味のある方は当社までご相談ください。

関連記事

  1. H30年2次補正予算、ものづくり+IT+持続化で1千億円以上を要望

  2. 2019もの補助 結果分析(4)〜 2次公募分の予算予測

  3. 2016年末〜2017年の補助金(2)〜持続化補助金

  4. 2018(H29補正)ものづくり補助金、いよいよ公募開始!

  5. 【2019ものづくり】企業間データ活用型は補助額2倍に増額

  6. 事務局公募から読み解く、2020年ものづくり補助金(2)

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)