AppleWatchを使い続ける理由

いまだに「使ってる人初めて見た」といわれがちなアップルウォッチ。

腕時計は趣味の一つで、ロレックスのような高級時計は持っていませんがカシオやらセイコー、アンティークの時計など20個くらいは所有してます。
アップルウォッチを買ってからはそれらの時計は出番がほぼありません。平日は常にアップルウォッチを装着します。

購入前に想像(期待?)してたほど便利なものではありませんでした。
いちばんよく使う機能は、着信の確認です。この機能だけでも充分な価値があります。

AppleWatch着信

これまでは、着信音かバイブが鳴る→ポケットかカバンからスマホを取り出す→誰からの着信かを確認し、すぐに取る必要のないものであればスマホを元の場所に戻す、あとで折り返し電話という手順でした。

アップルウォッチを購入してからは、着信音が鳴る→時計を見て誰からの着信か確認、すぐに対応しなくてよければそのままにしておき、後で折り返し電話、と、手順が大幅に短縮されました。

メールやフェイスブックの通知も可能です。また、あらかじめ登録した場所に近づいたら警告(例:ヨドバシの近くに来たら「コピー用紙を買う」というメッセージが出る)を出すこともできます。

全般的に、スマホを取り出す回数が減り、その分読書や思索などに時間を割けるようになりました。

これがアップルウォッチを購入した一番の利点です。
この利点に払う価値として妥当かどうかは、人それぞれですが・・・・・

関連記事

  1. ビジネス、歯車、モデル

    AppleWatchで空港改札通過。ワンアクション少ないという利便性

  2. iPad Pro Magic Keyboard

  3. 机上に電源タップを設置

  4. 電源からの開放

  5. GEMINI PDA。キーボード付き横画面スマホ

  6. 撮影、カメラ、草原

    iPhoneXの交換レンズ兼ケース、Shiftcam2.0

最近の記事

  1. 2020.10.13

    数字は数字
  2. 2020.10.08

    罪とバス

カテゴリー

読書記録(ブクログ)